« IE7 で何故か WMP に関係してそうな警告が出る件の補足 | トップページ | Internet Explorer で Adobe Reader のバージョン7、8、9を検出する方法 »

Internet Explorer 8 の互換表示の切り替えについて

約1年ぶりに更新を再開します。お待ちになっていた方がいらっしゃるとも思いませんが、まあボチボチとやっていきますのでよろしくお願いします。

さて、今回のネタは Internet Explorer 8 の互換表示の切り替えについてです。
簡単に検索した範囲では、ちょうどよい説明が見つからなかったので、自分用に一覧表にまとめてみました。

サイト側の指定ユーザー側の指定結果
表示モードの指定※1Doctypeスイッチ※2互換表示一覧互換表示ボタン
edgeIE8標準※3
8IE8標準
7IE7標準
5Quirks
emulateIE8標準IE8標準
QuirksQuirks
emulateIE7標準IE7標準
QuirksQuirks
無し標準使う含むIE7標準
含まないオンIE7標準
オフIE8標準
使わないオンIE7標準
オフIE8標準
QuirksQuirks

続きに補足を記しておきますが、上の表を見て何のことか分からない方は、お読みいただく必要はありません。

※1 サイト管理者は、表示モードの指定を meta 要素または HTTP ヘッダで行うことができます。表示モードの決定にあたり、最優先されます。また、細かく分けると、meta 要素 のほうが HTTP ヘッダよりも優先されます。

※2 Doctypeスイッチについては、IE7と同様に、記述内容により標準モード/Quirksモードが切り替わるそうです。

※3 表示モード指定の edge は最新版を表すため、IEのバージョンにより結果が変わるとのことです。

当然といえば当然な結論なのですが、互換表示ボタンはIE8標準モードとIE7標準モードを切り替えるだけのようです。Quirksモードまでトグルスイッチのように移り変わってくれたら、ウェブページ作成時の確認作業に役立ったのですが。
ちなみに、互換表示ボタンのオン・オフ(というか最終的な表示モード)によって、ユーザーエージェント文字列もIE8とIE7とで切り替わります。

ところで、表中「互換表示一覧」と書いている機能は、マイクロソフト社が互換表示の必要なURLの一覧を提供するのでそれを使用する機能なわけですが、IE8のインストール時には「互換表示の更新を利用する」というような表記がされているので、何のことやら最初は分かりませんでした。もう少しうまく翻訳してもらいたいものです。

以下に、参考にさせていただいたページのURLを列挙しておきます。
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/special/ie8review/ie8review_01.html
http://www.freesia.org/2008/05/ie83.html
http://blogs.msdn.com/jpwin/archive/2009/04/06/ie8.aspx
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd567845(VS.85).aspx

|

« IE7 で何故か WMP に関係してそうな警告が出る件の補足 | トップページ | Internet Explorer で Adobe Reader のバージョン7、8、9を検出する方法 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49345/45141872

この記事へのトラックバック一覧です: Internet Explorer 8 の互換表示の切り替えについて:

« IE7 で何故か WMP に関係してそうな警告が出る件の補足 | トップページ | Internet Explorer で Adobe Reader のバージョン7、8、9を検出する方法 »