« 久しぶりにジタバタと | トップページ | 高木浩光氏にあえてツッコミを入れてみる »

アンチウイルスソフトに搭載してほしい機能

いまどき珍しくも何ともない話ですが、ウイルスメールを受信することが結構あります。
幸い、アンチウイルスソフトが対応しきれない最新型のウイルスの襲来を受けたことは無く、すべてメール受信時に検知されているようです。

ウイルスメールも1通、2通ならばスルーするだけなのですが、時折、何日も続いて、5通、10通も受信することがあります。
そうなるとさすがにうっとうしいので、メールのヘッダ部分を確認して、送信元とおぼしきPCの利用しているプロバイダを割り出し、苦情のメールを送り付けたりします。
該当プロバイダのサイトを見ると、苦情メールの送り先(あるいはウイルスメールの通報先)が分かりにくかったり、逆に分かりやすかったりして、そのプロバイダの運営方針の一端が見えるようで興味深いです。

とはいえ、プロバイダに通報したところで、すぐにウイルスメールが止まるとも限りません。
現に、約3週間前に通報してもいまだに止まらない送信元があって、再度、プロバイダに連絡しました。

で、プロバイダ割り出し作業中に思ったのですが、この作業をアンチウイルスソフトに搭載できないものでしょうか。
送信元の割り出しは、技術的にはさほど難しくないと思います(誤検知をどの程度許容するかにもよりますが)。
ウイルスメールを受信した複数のPCからの報告を集約し、各プロバイダに連絡して、ウイルスメールの送信を停止させる措置を速やかに取ってもらえるようにすれば、ウイルスの被害も減らせるし、ボット系ウイルスによる迷惑メールの送信量も抑えられて、みんな幸せになれるのではないか、と愚考した次第です。

|

« 久しぶりにジタバタと | トップページ | 高木浩光氏にあえてツッコミを入れてみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49345/12043039

この記事へのトラックバック一覧です: アンチウイルスソフトに搭載してほしい機能:

« 久しぶりにジタバタと | トップページ | 高木浩光氏にあえてツッコミを入れてみる »